血管年齢 血管年齢を若くする方法 動脈硬化

MENU

血管年齢を若くする方法

最近、テレビや雑誌などでも「血管年齢」という言葉をよく見かけるようになりました。

 

「血管年齢」は、実際の年齢とは関係なく、現在のその人の血管の状態を調べて年齢として表したものです。

 

「実年齢は40歳でも、血管年齢は70歳で高い」とか、
「実年齢は60歳でも、血管年齢は50歳で若い」とか、
という表現の感じになります。

 

「血管年齢」は、血管の年齢の事をいっていますから、血管がどのくらい老化しているのかの目安となります。特に動脈硬化の状態を知る際の重要な指標とされています。実際には動脈硬化の検査をすることで、その危険度を測定して「血管年齢」の表現で表しているという方が正確かも知れません。

 

動脈は、心臓から体全体に血液を送り、酸素と栄養を全身に巡らせるための重要な役割をはたしています。しかし血管の老化が進むことで血管壁が徐々に厚くなり本来は弾力に富む動脈が硬くなっていきます。その結果動脈の実際に血液が流れる通り道が細くなっていきます。これが動脈硬化で、そのことはさらに別の症状を引き起こすきっかけとなります。

 

血管年齢が実年齢とどれだけ離れているかを知ることで、今後に脳梗塞や心筋梗塞などの大きな病気にかかりやすいかどうかがわかります。

 

「血管年齢」を下げることは、血管の状態が改善されたことになり動脈硬化の危険も減りますが、それは生活習慣や食事などをいい方向に変えることで可能です。

 

この「血管年齢」を若くする方法はあるということです。血管のアンチエイジングですね。


血管年齢を若くする方法の情報を紹介!

スポンサードリンク