血管年齢 血管年齢を若くする方法 動脈硬化

MENU

血管年齢とストレッチ

ストレッチや運動をすれば体にいんだろうなと漠然と考える方は多いと思いますが、ストレッチやエクササイズは血管年齢を下げるためにもいいようです。
雑誌やテレビなのでもわりと取り上げられています。

 

特に「体の硬さ」と「血管年齢」とは相関関係があり、「体の硬い人は血管年齢も高い」「体のやわらい人は血管年齢も若い」ということです。

 

体が硬い原因の一つは筋肉のコラーゲンの糖化といわれていますが、体全体が硬いということは血管も硬く糖化しているということです。

 

血管年齢は血管の老化である動脈硬化の進行のレベルとみなせますが、その動脈硬化の原因にはいろいろありますが、血管を構成しているコラーゲンが糖化することが原因のひとつと言われています。糖化とはコラーゲンに糖が結合して硬くなる現象です。

 

ですが、この糖化されてしまったコラーゲンは元に戻せるんです。

 

コラーゲンを作る細胞である線維芽細胞を活性化させると、糖化したコラーゲンを壊して、新しいコラーゲンを作ってくれるんです。

 

線維芽細胞を活性化させる方法は、「線維芽細胞に過度な刺激を与えること」です。
それはストレッチをすることで筋肉を伸ばすことです。

 

ストレッチをくり返すことで、糖化して硬くなったコラーゲンから柔軟性のあるコラーゲンに生まれ変わらせることができます。
さらにストレッチによって、血管内皮細胞から一酸化窒素も出るので血管の弾力性を増す効果も期待できます。

血管年齢を若くする方法の情報を紹介!

スポンサードリンク