血管年齢 血管年齢を若くする方法 動脈硬化

MENU

血管年齢と病気

血管がもとで引き起こされる病気は、全身のあちこちで起こり、しかも重大疾患となる可能性が高いものばかりです。
どれも血管年齢が高くなり、動脈硬化がすすむことで起こってきます。

 

■ 心筋梗塞
冠動脈に血栓がつまり、心臓への血流がとまり、その部分の心筋が壊死します。

 

■ 脳梗塞
動脈硬化が進み、脳の動脈に血栓ができてつまるとその部分の血流がとまると、そこから先の部分には血液がいかなくなり脳が壊死します。

 

■ 狭心症
心臓に血液を送っている冠動脈の内側が細く狭くなり、血流が一時的に止まってしまうことで胸に激しい痛みが起こります。

 

■ 脳出血
脳内の細い動脈が硬化して、その部分に動脈瘤ができ、そこが切れて出血します。
「くも膜下出血」もこれに該当します。

 

■ 腎硬化症
腎臓の動脈が硬化し、腎臓もかたく小さくなり腎臓の機能が低下します。

 

■ 腎不全
腎硬化症がさらに進行し、さらに腎臓の機能が低下します。

 

■ 眼底出血
目の網膜の部分に動脈硬化が起こり、視力障害が起こります。

 

■ 大動脈瘤破裂
胸部と腹部にある太い血管が動脈硬化してやがてコブができます。そのコブの部分が破裂して出血します。

 

■ 閉塞性動脈硬化症
動脈硬化が脚にまで及ぶと、脚への血流が悪くなり歩行障害を起こします。

血管年齢を若くする方法の情報を紹介!

スポンサードリンク